段落のインデントを使って文章を美しく見せよう【Word】

アイキャッチ_インデント Word

Wordでいう『段落』とは?

Wordでいう『段落』は、本来の段落の意味とは少し違って、
改行マークまでのひとまとまりをいう

改行マークとは≪Enterキー≫を押すと出てくるマーク。

Word_改行マーク

下の文章の右下にあるよね。
つまり、「段落とは・・・ ~パラグラフともいう。」までの全てで一つの段落になる。

Word_ひと段落

下の文章も一つの段落になるよ。
でも、ぱっと見た感じだと3つの段落のようだね。

Word_ひと段落shiftあり

よく見ると、青い部分は改行マークじゃない。
下向き矢印になっている。

Word_同段落改行マーク
これは≪Shift + Enterキー≫を押すと出てくるマーク。
段落の区切りではない。
同じ段落にしておきたいけれど、見た目だけ改行したい時に使うんだ。

インデントマーカー

文章の上と左に定規のようなものがある。これをルーラーというよ。
ルーラーが出ていない人は、[表示]タブ「表示」グループにある[ルーラー]に
チェックを入れよう。

Word_ルーラーボタン

ルーラーが出てきたかな。

Word_ルーラーとマーカー

それから、ルーラーの左側と右側に小さな図形がある。
これをインデントマーカーというよ。
それぞれの名前は以下のとおり。

Word_インデントマーカー

左インデントと右インデント

段落の幅は、左インデントから右インデントまで。
何も設定していない文書は、余白のちょうと内側に揃うようになっている。

左インデントは段落の開始位置(左側)を、
右インデントは段落の終了位置(右側)を決める。

Word_左インデントから右インデント

左インデントと右インデントのマーカーを直接動かしてみよう。

ちなみに、インデントは段落に対して設定するもの。
わざわざ段落全体を選択しなくても、カーソルがおいてあればOK。
カーソルのある段落に対して設定するよ。

Word_左インデント右インデント移動

だいたい4文字分ずつ内側にずらしてみた。

段落ダイアログボックスを見てみよう。
[ホーム]タブ「段落」グループの右下にあるマーク(ダイアログボックス起動ツール)
を押す。

Word_リボン段落起DB動ツール

段落ダイアログボックスが出てきた。

Word_段落ダイアログボックスインデント

段落ダイアログボックスは正確な数字が出てくる。
4文字分ずらしたつもりだったけれど、4.05字と3.9字となっている。

段落ダイアログボックスのインデント設定
正確な数字で設定できるので、他の段落も揃えたい時や、
検定試験などで指定があった場合に使う。

左インデントの設定だけなら、リボンからもできるよ。
ボタンは、[ホーム]タブ「段落」グループにある。

Word_リボン左インデント

どちらも左インデントに対する設定ボタンになる。

リボンの左インデントボタン
インデントを減らす・・・左インデント位置を1字分左へ
インデントを増やす・・・左インデント位置を1字分右へ

インデントの設定を解除する

一旦、インデントの設定を解除する。
段落ダイアログボックスの、インデントで設定した数字を「 0 」に戻す。

一気にすべて戻したい時は、「すべての書式をクリア」ボタンもある。
ただし、選択範囲の書式は全てクリアされるので、他にも設定している書式があるとそれも一緒に
クリアされてしまうので注意。

「すべての書式をクリア」ボタンは、[ホーム]タブ「フォント」グループにある。

Word_リボン書式のクリア

1行目のインデント(字下げ)

Word_1行目のインデント

その名の通り、段落の1行目だけに設定するインデント。
よく使うのは、段落の最初の文字の字下げ。

まずは、マーカーを移動してみよう。

Word_1行目のインデント設定

だいたい、4字のあたりにした。

段落ダイアログボックスを見てみよう。
[ホーム]タブ「段落」グループの右下にあるマーク(ダイアログボックス起動ツール)
を押す。

Word_リボン段落起DB動ツール

段落ダイアログボックスが出てきた。

Word_段落ダイアログボックス字下げ

段落ダイアログボックスの「インデント」の中にある「最初の行」は[字下げ]、
「幅」は「 4.05字 」となっている。
やはり、マーカーだと正確な位置にはなかなかならない。

しっかり1字分ずらしたかったら、段落ダイアログボックスからいこう。

続く文章はそのまま≪Enterキー≫で進めていくと、次の段落も字下げで始まるよ。
毎回設定する必要はなくなる。

Wordは、Enterキー≫を押した段落の書式を次に引き継いでいくんだ。

ぶら下げインデント(2行目以降のインデント)

Word_ぶら下げインデント

これは、2行目以降の左側の位置を決めるものだよ。

マーカーを移動してみよう。
左インデントが動きやすいので気を付けて。
「ぶら下げインデント」って文字が出たら移動だよー。

2行目以降がまとめて右へ移動した。
この時、左インデントのマーカーも一緒に動くけど気にしないで。

Word_ぶら下げインデント設定

だいたい、4字のあたりにした。

段落ダイアログボックスを見てみよう。
[ホーム]タブ「段落」グループの右下にあるマーク(ダイアログボックス起動ツール)
を押す。

Word_リボン段落起DB動ツール

段落ダイアログボックスが出てきた。

Word_段落ダイアログボックスぶら下げ

段落ダイアログボックスの「インデント」の中にある「最初の行」は[ぶら下げ]、
「幅」は「 4.05字 」となっている。
もはや、4.05字を出す天才なのか?とにかく、ピッタリとはいかない。

やはり、きっちりずらしたかったら段落ダイアログボックスからいこう。

え?
ぶら下げインデントなんて何に使うの?

うんうん、これだけ見ているとそう思うよね。

例えば、こんな感じに使うこともできる。
箇条書きのようにして、見出しと内容が分かるようにした。

Word_ぶら下げインデント設定使える

 

これは、1.5字のぶら下げインデントを設定している。
段落は全部で4つ。
青の○部分は≪Shift + Enterキー≫を使っている。

 

Word_ぶら下げインデント設定使える説明

各段落の1行目は見出しっぽく太字にしている。
もう一つ、今回出ていなかった「段落後の間隔」を「0.5行」設定している。
段落の設定は以下の通り。

Word_段落ダイアログボックス段落後

工夫すると、キレイなレイアウトにすることができそうだ。

タイトルとURLをコピーしました