エクセル

Excel

結果(値)の分岐はSWITCH関数でIF関数よりスマートに/Excel

式は一つで結果(値)が複数ある場合の表示指定にはExcelのSWITCH関数が便利。IF関数のネストやIFS関数より短く、時にはVLOOKUP関数の代用や、CHOOSE関数よりも幅広く使うことができる。SWTCH関数の使い方から比較まで紹介。
Excel

合計が合わないのは表示形式で端数処理しているから/Excel

Excelで合計をよく見たら間違って計算されている!?そんな時は端数処理に問題がある。表示形式を使った端数処理は見えないだけで実際の端数は残っている。端数が出る数値を計算式で使うときはROUND関数などを使おう。他にROUNDUP関数も紹介。
Excel

ROUNDDOWN・INT・TRUNC「切り捨て関数」比較/Excel

Excelの切り捨て関数3つ、ROUNDDOWN関数、INT関数、TRUNC関数。それぞれの違いと使い方を解説。負の値は関数によって切り捨てた結果が変わるので注意しよう。切り捨て関数を使って小数点以下だけの数値を抜き出す方法も紹介。
Excel

可視セル(見えているセル)だけコピーする/Excel

列や行を非表示にしていたり、小計を行った時の見えているセル(可視セル)だけをコピーするやり方。非表示のセルはそのままコピペすると表示されてしまう。可視セルだけを選択してコピー貼り付けしよう。
Excel

指定の桁数や文字数しか入力させない入力規則の設定/Excel

excelの入力規則を使って、決めた桁数や文字数のデータしか入力できないように制銀しよう。文字列や会員番号、0から始まる数字も表示形式を利用すれば対応可能。入力時メッセージやエラーメッセージの設定の仕方、エラーインジケーターの非表示方法も解説。
Excel

行や列を動かさないウィンドウ枠の固定と解除/Excel

行や列の見出しを固定したまま入力する「ウィンドウ枠の固定」。見出しはロックされるのでデータが長くなってもスクロールしてもずっと表示される。
Excel

WEEKDAY関数で曜日コメントを自動表示/Excel

特定の曜日にコメントを表示させたい時はWEEKDAY関数を使おう。土日を「休日」にしたり、毎週の定例会や週次報告などカレンダーに自動表示させれば毎月入力する手間が省ける。CHOOSE関数やIF関数との組み合わせも解説。/excel
Excel

文字と認識された数字はVALUE関数で数値に変換/excel

文字列を抜き出すLEFT、RIGHT、MIN関数を使うと抜き出した数字は文字列と認識され計算できない。計算できなくなった数字はVALUE関数を使って数値に変換し計算できるようにしよう。/excel
Excel

PHONETIC関数でふりがな(ルビ)表示【Excel】

PHONETIC関数でふりがな(ルビ)を表示させよう。「ふりがなの設定」を使えば関数で表示したフリガナをひらがなで表示させることもできる。ふりがながうまく表示できない時の対策も解説。
Excel

データの種類に合わせて書式を変える【Excel表示形式】

Excel表示形式、ユーザー定義の基本。数値を入れたらカンマが付き、負の値を入れたらマイナスで表示、0を入れれは文字列「なし」に、文字列を入れたら水色に・・・。まとめてできる表示形式の基本の設定方法。セルを非表示にするやり方も紹介。
Excel

セルの中を見せない表示形式【Excelセルの非表示】

Excelで見られたくないデータが入っているセルを見えなくすることができる。使うのは、セルの中身を非表示にする(見せなくする)表示形式。これを知れば、行や列の非表示ではなくセル単位で隠すことができる。
Excel

郵便マークとハイフンを自動で付ける【Excel表示形式】

入力は7桁の数字だけ。Excelの表示形式(ユーザー定義)を使えば、ハイフンも郵便マークも自動でつけることができる。教示形式は意外と簡単で使える。
Excel

LEN,FIND,RIGHT関数で文字を抜き出す【Excel】

LEFT、RIGHT、MIDだけじゃできないセルの一部を抜き出すやり方は?FIND(SEARCH)、LEN関数も使えば複雑な難しい抜き出しも可能になる!イケてる関数の組み合わせを作ろう。
Excel

RAND関数でランダム(シャッフル)並べ替え【Excel】

ボタンを押すと一瞬でランダムに並べ替えてくれるシャッフルボタンを作ろう。RAND関数の使い方からマクロを使ったボタンの作り方まで解説。
Excel

Excelマクロのやり方とボタン設定

ボタンを押すと一瞬で処理してくれる便利なExcel機能マクロ。BMIの計算とVLOOKUPを一瞬で処理してみよう。マクロのやり方からボタンの設定まで解説。VBAを知らなくても簡単にできる!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました