ドロップダウンリストで入力ミスのないフォーマットを作る【Excel】

Excel_ドロップダウンリストの作り方 Excel

ドロップダウンリストって何?

ドロップダウンリスト(プルダウンリスト)とは、
下向き三角を押すと、選択可能なものがずらっと出てくるあのリストのこと。
選ぶだけだから、入力の手間が省けるし、もちろん入力ミスもおきない。

Excel_ドロップダウンリストとは

これをExcelで設定してみよう。
意外と簡単にできるよ。

今回作ってみるのはこんな表。

Excel_ドロップダウンリスト設定

3ヶ所それぞれのリストに入れる内容はこれ。
① Excel・Word・PowerPoint
② 基礎コース・応用コース・ビジネスコース
③ 10:00~12:00・14:00~16:00・19:00~21:00

ドロップダウンリストの設定の仕方は2つ。

1.ドロップダウンリストの内容を直接入力する方法
2.ドロップダウンリストにする内容を表から選択する方法

やり方①:ドロップダウンリストの内容を直接入力する方法

まずは設定したい①のセル【A9】を選択して、
[データ]タブ、データツールグループの[データの入力規則]ボタンをクリック。

Excel_入力規則ボタン

「データの入力規則」ダイアログボックスが出てきた。

[設定」タブの[入力値の種類]から「リスト」を選択。
(これもドロップダウンリストだね)
右側の「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認。

[元の値]にリストにしたい項目を入力する。

Excel_データの入力規則ダイアログボックス

今回は、Excel・Word・PowerPointの3つのリストにしたいので、間に「 ,(半角カンマ)」を入力する。

[元の値]入力の注意点
※ 区切りは必ず半角カンマを使用する
日本語入力中の時は、「、」と入力してF10を押すと半角カンマになる。
F10は半角英数に変換してくれる便利なショートカットキーだから覚えておこう。

入力が終わったら[OK]ボタンで確定。

下向き三角が現れた。

Excel_ドロップダウンリスト下向き三角

元のセル【A9】のフォントサイズを大きくしておけば、選択したものも大きく表示される。

Excel_ドロップダウンリスト下向き三角押す

やり方②:ドロップダウンリストにする内容を表から選択する方法

まずは、リストの元となる表を作っておく。

ここでは、新しいシート(Sheet2)の名前を「基本データ」に変えて入力。

Excel_シート追加

シート名の変更
一番下の「Sheet〇」など、シート名の上でダブルクリックすると文字入力が可能に
なる

リストを入力。罫線はつけなくてもいい。

Excel_ドロップダウンリストの元の表

では、設定したい①のセル【A9】を選択して、
[データ]タブ、データツールグループの[データの入力規則]ボタンをクリック。

Excel_入力規則ボタン

「データの入力規則」ダイアログボックスが出てきた。ここまでは同じだね。

[設定」タブの[入力値の種類]から「リスト」を選択。
右側の「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認。

Excel_データの入力規則ダイアログボックス2

[元の値]にカーソルがある状態で「基本データ」シートの【A2】から【A4】までを
ドラッグして範囲選択する。すると自動で範囲が表示される。

Excel_ドロップダウンリストリスト選択

入力が終わったら[OK]ボタンで確定。

下向き三角が現れた。

Excel_ドロップダウンリスト下向き三角

同様に、【B9】や【C9】もドロップダウンリストの設定ができる。

データの入力規則(ドロップダウンリスト)の解除

解除したいセルを選択し、[データ]タブ、データツールグループの[データの入力規則]ボタンをクリック。

左下の[すべてクリア]をクリックし、さらに[OK]ボタンをクリックする。

Excel_ドロップダウンリストの解除

これで設定から解除まで一通りできた。

タイトルとURLをコピーしました